社会人になって早4年、店頭の部活にも参加していない私は日常至ってといって嬉しいほど行為をしなくなってしまいました。それでも学生時代は小学生からハイスクールまで一律行為部活に所属してあり、ウィークエンドも含め毎日のように体を動かしていました。しかし、社会人になると残業が多かったり、ウィークエンドは一際レジャーに出たりと運動する機会がありませんでした。ある日急きょ、近隣が読込みバイクに乗ろう!と誘ってきました。近隣は今話題のマンガ「弱虫ペダル」を読んでのぼりたくなり、そのままの勢いで40万円も始める読込みバイクを購入していました。そこで過去に部活で使用していた読込みバイクを引きずり出し、各週休暇の早朝に2スパン程跨るようになりました。慣例づいて来た辺り、たまの土砂降りのお日様で読込みバイクに乗れないとカラダがムズムズしはじめ、行為したいと思うようになりました。これをきっかけに体を動かす味わいを思い起こし、ジョギング辺り他の行為もするようになりました。読込みバイクは高価小物もありますが、3〜5万円程度で取り組める小物もあります。読込みバイクで通勤すれば、日常的に運動をすることもできます。また、読込みバイクは様々な行為と比較して出費カロリーが多いので、シェイプアップにもおすすめです。こんなにもいいことばかりなので、行為不足と見える大人の人間はどうしても取り掛かりいただきたいと思います。