宝塚歌劇団月組の結愛かれんさん。2015年に101期生として入団し、月組『1789−バスティーユの恋人たち−』で初舞台を踏みました。愛らしい容姿で、ダンスの得意な娘役です。
月組に配属になり、2016年『NOBUNAGA<信長>−下天の夢−』の7年目までの若手が演じる新人公演では、娘役スターの海乃美月さんが演じるお市役に抜擢されました。
2017年『グランドホテル』の新人公演では、2番手娘役の役であるフリーダ・フラム(フラムシェン)に選ばれ、キュートな愛らしさでファンを魅了しました。同年『長崎しぐれ坂』では、トップ娘役の愛希れいかさんが演じたおしまの幼少時代と、中国人の柳麗の2役を演じました。同年『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』 の新人公演では、初ヒロインに選ばれました。女でありながら国王ルイ14世になっているという元男役の愛希さんに当書きされた難しい役どころに挑戦しました。
同年『アルカディア』では2番手娘役を演じています。